スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練馬こぶしハーフマラソン実施による路線バスの運休•迂回のまとめ(国際興業)

3/29(日)、練馬こぶしハーフマラソンが開催されるのに伴い、光が丘公園周辺を中心に練馬区内で大規模な交通規制が実施されます。このため午前中に、路線バスの運休や迂回が行われますので、HPで公開された内容を元にまとめてみました。

(※いずれも、午前中の一部時間帯のみ)

•国際興業バス

光01•02

光が丘駅臨時バス停を光が丘警察署向かいに設置した上、

•9:30頃まで光が丘駅~平和台駅間で迂回運行(ただし、光が丘駅方面のみ光が丘秋の陽小学校は停車)。光が丘駅(通常)•光が丘IMA•光が丘団地•光が丘7丁目•光が丘南通り•高松4丁目•光が丘3丁目•光が丘2丁目•光が丘秋の陽小学校(平和台駅方面のみ)•田柄町•田柄3丁目•田柄中学校•南田柄•田柄1丁目•北町6丁目は休止。また、練馬北町車庫方面のみ平和台郵便局は通過。

•9:30頃から規制解除までは光が丘駅~田柄町間のみ迂回(ただし、光が丘駅方面のみ光が丘秋の陽小学校は停車)。光が丘駅(通常)•光が丘IMA•光が丘団地•光が丘7丁目•光が丘南通り•高松4丁目•光が丘3丁目•光が丘2丁目•光が丘秋の陽小学校(平和台駅方面のみ)は休止。また、練馬北町車庫方面のみ平和台郵便局は通過。


光04

光が丘駅臨時バス停を光が丘警察署向かいに設置の上、平和台駅~光が丘駅間で迂回運行。北町6丁目•田柄1丁目•南田柄•田柄中学校•田柄3丁目•田柄町•田柄5丁目は休止。ただし、練馬北町車庫9:42発以降は田柄町~光が丘駅間のみ迂回で、田柄5丁目のみ迂回。

9:30頃まで環状8号線が交通規制になり、平和台駅付近で環八から田柄通り方面に入ることが出来なくなるため、車両の通行が可能となる練馬春日町駅方面へ大きく迂回する形になるようです。
一方で、大規模な交通規制となる光が丘駅付近は、元々のルートが団地を周回する大回りなルートなので、迂回というよりも短絡ということになります(笑)。


土支田循環

光が丘駅臨時バス停(乗車…西武バス光が丘6丁目バス停•降車…西武バス光が丘団地バス停)発着に変更の上、高松6丁目→光が丘駅→旭町南地区区民館で迂回。光が丘IMA•光が丘駅•あかね雲公園•練馬光が丘病院は休止。

比較的影響の少ない感じで、光が丘駅手前で折り返す形のようですね。
余談ですが、笹目通り~光が丘団地バス停間は全面通行止めとなる予定ですので、恐らく公共性の強い路線バスのみ通すようにしたみたいです。


赤01•練95

赤羽駅西口方面のみ、練馬春日町駅→平和台駅間で迂回。春日町•東中学校入口は赤羽駅方面のみ休止。また、平和台郵便局は赤羽駅方面のみ通過。

環八通りなど、大きな通りは1車線の規制のようですが、練馬春日町駅→平和台駅間は1車線のみの側道となり、実質側道が片道通行止めになるので、赤羽方面のみの当該区間を迂回するようですね。
練馬春日町駅から、みどりバス氷川台ルートの経路、そして通常はバスが通らない道を経由しての運行になるかと思われます。光01•02•04といい、本来は小型車運用の、みどりバスの早宮4丁目付近の狭隘路を一般路線の大型が通れるかが心配です…。


石03

北町2丁目•北町3丁目は成増方面のみ通過。

マラソンコースとなる川越街道上にあるため、通過扱いとなったようです。


みどりバス北町ルート

2•3•4便は運休。

西武バス練47と同様、全区間運休という形になります。こちらも、路線の至る所に規制箇所があり、迂回も難しく本数的にも影響が少ないと判断されたのでしょうか…?


みどりバス氷川台ルート

光が丘駅~練馬光が丘病院間で区間運休。光が丘駅臨時バス停を光が丘警察署向かいに設置の上、練馬光が丘病院方面は練馬春日町駅東→光が丘駅(臨時)間で迂回運行、東武練馬駅方面は練馬光が丘病院→光が丘駅間を除き通常経路。練馬光が丘病院•あかね雲公園•光が丘駅(通常)•光が丘3丁目(光が丘方面のみ)•春日町6丁目(光が丘方面のみ)•練馬小学校(光が丘方面のみ)•春日町図書館(光が丘方面のみ)は休止。

光が丘側は通行止め区間を避けて6の時の経路にして、折り返すことができるようにするようです。
スポンサーサイト

練馬こぶしハーフマラソン実施による路線バスの運休•迂回のまとめ(西武バス)

3/29(日)、練馬こぶしハーフマラソンが開催されるのに伴い、光が丘公園周辺を中心に練馬区内で大規模な交通規制が実施されます。このため午前中に、路線バスの運休や迂回が行われますので、HPで公開された内容を元にまとめてみました。

(※いずれも、午前中の一部時間帯の便のみ)

•西武バス

光が丘団地線(光31•練高01~03)

•練高03のみ全区間運休。
•光31•練高01•02は、光が丘団地バス停を光が丘駅臨時降車場、光が丘6丁目バス停を光が丘駅臨時乗り場として、練高01は光が丘駅~練馬高野台駅、練高02は光が丘駅~南田中車庫を区間運休の上、交通規制中は成増駅南口~光が丘駅間のみ運行。
成増駅発は笹目通り経由で、光が丘駅(臨時)までノンストップで運行。光が丘駅(臨時)発は、光が丘駅(通常位置)•光が丘IMA•光が丘団地は運行なし。


光が丘団地線関係系統は全て、光が丘駅~成増駅間の運行に徹するようです。
意外にも、比較的影響を受けない練馬高野台駅~南田中車庫の方が運休と…。高頻度運行の光が丘駅以北を優先で、等間隔で運行させるためのやむを得ない処置なんですかね…?そのためか、運用変更とかありそうな感じです。


光30

光が丘駅臨時バス停(乗車…光が丘6丁目バス停•降車…光が丘団地バス停)発着のため、光が丘駅•光が丘IMAは運行なし。

土支田循環(国際興業と共同運行)

光が丘6丁目バス停を光が丘駅臨時乗り場とし、高松6丁目~光が丘駅(通常位置)~旭町南地区区民館で迂回運行。(光が丘IMA•光が丘駅•あかね雲公園•練馬光が丘病院は休止)

比較的影響の少ない感じで、光が丘駅手前で折り返す形のようですね。
余談ですが、笹目通り~光が丘団地バス停間は全面通行止めとなる予定ですので、恐らく公共性の強い路線バスのみ通すようにしたみたいです。


練42•練48

高松3丁目•高松2丁目•練馬中学校•中村橋駅入口は通過。練馬駅方向のみ、谷原2丁目•練馬総合体育館•真宗会館前も通過。さらに、練42の練馬駅方向のみ高松5丁目•光が丘南入口も通過。

通過停留所と目白通りが交通規制の対象になっていることから察すると、目白通りから曲がって旧道に入れないことから、練馬総合体育館~向山町は目白通り経由で迂回運行となるのでしょうね。
さらに、マラソンコース上の笹目通り•目白通り上の停留所は通過扱いになるようですね。


練47

全区間運休。

複数の箇所で規制区間を通り、また周辺にも規制箇所がたくさんあり、折り返し運行もできないこと、本数の問題から影響が最小限で済むと判断されたのか、全区間運休の形となっています。


吉60

成増町発のみ、高松5丁目•光が丘南入口は通過。吉祥寺駅発は通常運行。

練42•48同様、マラソンコース上となる笹目通り上のバス停は通過扱いされるようです。


みどりバス保谷ルート

光が丘駅(通常)•練馬光が丘病院は通過。保谷駅発のみ、旭町南•光丘高校角•旭町南地区区民館も通過。
光が丘駅は臨時バス停に変更か?(乗り場…光が丘6丁目バス停•降車…光が丘団地バス停)


通過停留所から予想するに、保谷発は土支田1丁目まで通常経路で、その後、笹目通りを右折し、光が丘大通りに入って臨時バス停に向かうようです。

祝•開業120周年 RAC 国分寺線へ

21日、国分寺線の前身である川越鉄道が開業120周年を迎えた記念として、本来特急電車が入ることのない国分寺線へ入線する、特急電車を使用した臨時電車が運転されました。
事前に発売された、値段が0一つくらい多い高額すぎる記念乗車券を購入した人のみ乗車でき、午前と午後2回に分けて運転されました。本川越から国分寺まで行った後、西武園に立ち寄ってから東村山まで引き返し、本川越に戻る経路だったようです。
車両は池袋線所属の10105F(レッドアロークラシック)が使用されました。

11月頃の4000系入線の時は、まだ3000系がいましたが、もう今となっては2000系しか来なくなった国分寺線に、久しぶりの華やかなイベントに。
(まあ強いて言うなら、つい先日、新宿線に転属した2465Fや、側面がフルカラーLEDで前面だけ3色な上、種別部分が旧ROMになっていて、「普通」表示のままで、2417などの並びとか撮りたかったですけどね…)
2417FはフルカラーLEDに戻ったようでしたが、その日、後で知りましたがまた3色LEDになっていたようで…。

午前のコースの様子です。
CIMG0060_convert_20150321230622.jpg
小川では拝島線下りを先に通すために運転停車。

CIMG0061+(3)_convert_20150321230731.jpg
CIMG0062+(3)_convert_20150321230825.jpg
CIMG0067+(2)_convert_20150321231027.jpg
CIMG0094_convert_20150321231108.jpg
国分寺で折り返してやってきた小川では、側線に逆線入線となりました。そして、国分寺線の上下線を同時に待避。特急が各停に抜かれるという異様な光景が見れました。そして、10105F到着直後に拝島線の回送も通すという、平面交差の小川では、まさによく練られた過密ダイヤでした(笑)。
普段見慣れぬ車両が来ただけあってか、一般の乗客も結構、携帯のカメラを向けていました。

CIMG0070_convert_20150321231250.jpg
CIMG0071_convert_20150321231342.jpg
拝島線下り→国分寺線上りをまたぎ、東村山方面へ。

CIMG0084_convert_20150321231556.jpg
CIMG0076+(2)_convert_20150321231449.jpg
西武園では、長時間停車。乗車した人のみ撮影できるスペースが設置されていました。
西武園線への入線もこれまた珍しい光景ですね。

CIMG0082_convert_20150321231628.jpg
西武園ゆうえんちの観覧車が奥に見えます。10105Fが普段いる池袋線沿線で遊園地だと、としまえんがありますが、としまえんに観覧車はありません(確か、子供用のアンパンマンの小さな観覧車的なやつはあったかな…?)。

CIMG0086+(3)_convert_20150321232624.jpg
西武園を後にします。
一瞬、西武秩父?って思いました(笑)。東村山方面にあるビルのせいで、あれ?ってなります…。

CIMG0090_convert_20150321231730.jpg
そして、東村山を発車。ここから先は一応、営業運転で入ったことはありますね。そして、本川越まで追いかけました。


↓みんなで作る鉄道コムに参加しています。差し支えなければ、ワンクリックお願いします。
鉄道コム

泉36

西武バスでは、3月20日に練馬•上石神井•新座の各営業所で一斉にダイヤ改正が行われました。
練馬営業所管内では練47などの改正などもありましたが、大半は大泉学園駅北口の工事終了に伴うもので、大泉学園駅発着の路線は大幅な改正となり、廃止や新設系統も発生しました。

特に、泉33を延伸する形で上石神井駅~大泉学園駅~成増駅南口間の泉36は僅か2年余りでの廃止で、大泉学園•長久保で分断されるような運行形態となり、改正前の大泉学園~成増間の泉33•36を合わせた本数と、改正後の泉33のみの本数を比べると大幅減便となっています。ただし、大泉学園駅~長久保間は長久保止まりのバスが多数設定されたため、かろうじて今までの本数を確保しています。ただし、それでも運行間隔がマチマチで、夕方に20分以上間が空いたりと、完全な物とは言えませんが…。(これでは雨天時などの混雑などでは乗客集中は避けられなさそうで…やはり乗務員不足のせいですかね…?路線バスは住民の足なので、オリンピックで観光だの高速に力を入れる前にこちらを最優先すべきかと思うのですが…。これでは、減便→利用客避ける→減便の典型的な赤字路線化する、負のスパイラルに陥りかねないし…。)
長久保止まりが増便されたのは恐らく利用客の利便性を維持というよりも、泉36で足を延ばして上石神井で行っていた泉33の乗務員の中休ができなくなり、長久保に変えたためであるかとは思われますし。(元々、泉33の中休は大泉学園駅北口の折返場で、そこを再開発させるために新たに成増側に白子折返場を新設し、そこでするようになったものの、泉36新設による上石神井延伸で上石神井に変更の上、白子折返場は吉60のみが使用する形になるという元の場所に戻す形にしない点ではやはり、なんとか本数維持ということもありそうですが)

で、話はそれましたが、泉36
CIMG0024+(3)_convert_20150321230340.jpg
CIMG0026_convert_20150321230415.jpg
上石神井駅付近の狭隘路をゆく在りし日の姿。こんなに狭い道を高頻度運行で結ぶのは、上石神井営業所らしい光景ですね。あちこちにある狭隘路を見事なハンドルさばきでこなす運転手さんはやはり神業と言えるレベルですね。

そう言えば、都バスの大塚支所の葬式もやらないとな…などと
車内放送から
プロフィール

各停 練馬←→豊島園

Author:各停 練馬←→豊島園
当ブログへようこそ!西武鉄道が大好きな練馬区民のブログです。西武ばかり扱うのでご了承ください。下手な写真にも目を背けないでください…。
相互リンク募集中です。希望の方はお気軽にコメントでお知らせください。

なお、受験のため、更新頻度が著しく低下しています。しばらくこの状態が続くかと思いますが、ご了承ください。
コメントの返信なども遅れる可能性があります。
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
祝 5社直通運転開始!
本日も西武鉄道をご利用下さいましてありがとうございます。 この電車は 渋谷・横浜方面、東京メトロ副都心線(F)・東急東横線(TY)・みなとみらい線(MM)直通、快速急行 元町・中華街(MM06) ゆきです。小竹向原から先、副都心線内急行、渋谷から先、東横線・みなとみらい線内特急です。小竹向原までの西武線内の止まる駅は ひばりヶ丘・石神井公園・練馬・新桜台・小竹向原です。小竹向原から先の停車駅は 池袋(地下鉄)・新宿三丁目・渋谷・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・菊名・横浜・みなとみらいです。                Raoid Exp. Motomachi-chukagai(MM06)                         次は ひばりヶ丘(ss-13) です。              Next Hibarigaoka(SS―13)                 ひばりヶ丘を出ますと石神井公園に止まります。保谷大泉学園へはお乗り換え下さい。札幌市営地下鉄東西線ひばりが丘駅・阪急宝塚線雲雀丘花屋敷駅はご利用になれません(笑)
西武線内でも東急線内の停車駅を入れたなど現実より丁寧にして、僕が思う理想的な案内の案を作ってみました。最後の方は遊んでいます…。西武・メトロ・東急の各種別を組み合わせた全てのパターンを用意すればできないことないと思うのですが・・・ (12/22 up)
Finetoday
アンケート
アンケートを開始しました。当ブログをご覧の皆様が楽しんで頂けるよう、また個人的な疑問から今後も定期的に西武鉄道に関するアンケートを行っていきたいと思います。ご遠慮なく投票して下さい。記念すべき第1回目は一番好きな車両です。
無料アクセス解析
賛同・参加 しています!

当ブログでは「列車フラッシュ撮影自粛同盟」に賛同しています。管理人は、安全運行の妨げになる列車に向かってのフラッシュ撮影を許可なく行わないことを誓います。また、撮影時は鉄道関係者・乗客・同業者の方々の迷惑になったり、安全・定時運行の妨げにならないよう、マナー遵守を心がけています。 ~みんなでやめよう!みんなで広めよう!列車に向かってフラッシュ撮影!~ 鉄道コム 鉄道コムに参加しています。
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。