スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武バス1104号車 新NACK5ラッピング

以前も取り上げましたが、関東地方のほぼ全域をカバーする可聴エリアを持ち、首都圏でもFM聴取率首位を何度も獲得してる大人気ラジオ局「エフエムナックファイブ」のラッピングとなってる西武バス練馬営業所所属の1104号車ですが、先日、公式側のみラッピングが新しくなってるのを確認しました。

CIMG2680_convert_20151221004004.jpg
酷い写真ですが、練馬区役所付近にて証拠程度に…(※歩道から撮影)。高速は走行範囲が広く、中々見つけられないですが、1回目撃すると時刻表である程度、復路の運用も予想できますが、早着•延着が路線に比べて桁違いの時間であるので記録をするのも一苦労な上、友達に物理のノートを見せてたら、長旅を終えて池袋駅から練馬営業所に向けて回送するところしか見られず、帰り道が同じルートだったので普通に電車で練馬まで先回りして、ようやく出会いました。

これまで、公式側は「SUNDAY LIONS」というNACK5の番組でしたが、野球がシーズンオフとなったため、新たに「MAGICAL SNOWLAND」という番組の広告となりました。

なお、所沢営業所に続き、練馬営業所管内でNACK5のラッピングが始まったのは2015年の3月頃で、その時から1104号車がラッピングされていましたが、最初の約1ヶ月間ほども公式側は「MAGICAL SNOWLAND」でしたので、その後「SUNDAY LIONS」のラッピングとなり、再び戻った形になりました。なお、最初のとデザインが若干変わっていて、パーソナリティの岡田サリオさんの顔写真が無くなってるなどの変化があります。余談ですが、これは、月~木曜の昼から夕方まで放送してる「ゴゴモンズ」という番組を出産のために卒業された横田かおりさんに変わって、月~木曜に放送してるNACK5夜の看板バラエティ番組である「The Nutty Radio Show おに魂」という怪物的に面白い番組の木曜担当だった小林アナというお笑い芸人さんが、ゴゴモンズに異動となり、そこへ代わりに岡田サリオさんが「おに魂」の方のレギュラーとなったためです。

ラジオはNACK5しか聞かない、この世でNACK5以上に面白いラジオ局なんてないでしょ、NACK5を聴かない人間は人生の半分を損してると信じて疑わないほどの、NACK5ヘビーリスナーの私にとって、この車両に遭遇するとテンションがあがります(笑)。 NACK5の初代社長さんが西武鉄道の社長(さらには国鉄総裁までも)を歴任してる方であり、現在もNACK5は西武が筆頭株主であるという関係が、西武とNACK5の間にあるので、こんなラッピングバスなども生まれたのでしょうかね?いずれにしても、今回のラッピング更新によって、しばらくは安泰となったので一安心です。

余談ですが、先日、NACK5で行われた「つながる 広がる 聴いてるキャンペーン」でNACK5認定リスナーのステッカーを頂きました。これからも、一人のリスナーとして、この世で最も素晴らしいラジオ局であると信じて疑わないNACK5をこれからも応援し続けたい、いつまでも聴き続けたいなと改めて思いました。
スポンサーサイト

西武バス感謝祭

CIMG2639_convert_20151121204758.jpg
CIMG2646_convert_20151204222557.jpg
すっかり昔の話ですが、記事にし忘れていたのを思い出しました。1ヶ月前の11月21日に、埼玉県飯能市にある西武バス飯能営業所で開催された西武バス感謝祭に行ってきました。
昨年は開催されなく、2年ぶりの開催となった今年も、マニアックな車両展示や格安の部品販売等、充実した内容でした。



CIMG2702_convert_20151221003135.jpg
会場を入ると、西武バスのエンジェと小田急バスのきゅんたがお出迎え。
小田急バスは高速バスも1台来ていた他、グッズ販売のブースも出店してました。
なお、グッズ販売は西武バスの他、国際興業バス•小田急バス•近江鉄道バス•伊豆箱根バスなどが来てました。

CIMG2524_convert_20151121203136.jpg
部品販売。入場時にアルファベットの書かれたクジを引いてグループ分けし、さらに係員さんが抽選をして購入するアルファベット順を決定し、5分間の入れ替え制で、全てのグループが終わった後はフリー入場という形をとってました。それにしても、全体的にかなり格安という印象を受けました。方向幕がワンコインで買えるバスイベントなんて他にあるでしょうか(笑)。



そして車両展示。
午前と午後に撮影タイムをもうけ、それ以外は車内見学も出来ました。
今年は国際興業バスと小田急シティバスがゲスト参加ということでした。国際興業は飯能に営業所もありますし、練馬界隈で路線、大宮方面ではONライナーといった空港連絡バスで西武バスとの共同運行路線を持っているだけでなく、練馬•飯能•大宮のように、営業エリアも近く、西武バスと深く関わってるので分かりますが、なぜに小田急?とは疑問に思いつつも、中々面白い展示内容でした。
路線車と高速•観光•特送の2つに分けて並ばせた形となっていましたが、前回と展示車両の配置が変わっており、西武バスの親切心からか、路線車の並びは順光になるような配置となってました。


CIMG2582_convert_20151121203844.jpg
右…A5-856、いすゞ新型エルガ、QDG-LV290N1(所属:新座)
左…A5-807、三菱ふそう新型エアロスター、QKG-MP38FK(所属:新座)
まだ全国でも導入事業者は数社という、今話題の新型エルガと、昨年登場した新型エアロスターという、新型並びがもう実現しました。MP38に至っては、関東ではまだ西武バスくらいしか導入してないフルカラーLED搭載。こんな並び、日本全国でこれが初めてという可能性も…。西武バスって、日本のバス業界の最先端を行ってるんだなと…。
「ようこそ!西武バス感謝祭」なんて表示も今日のためだけに用意したのでしょうかね。
新型エルガを生で見るのも、車内に入るのもこの日が初。ピンク色の国交省認定ノンステップステッカーがまた良いですね~。車内も新車の匂いがプンプン。ただ一つ、この趣味をやってる人間としてオタ席が消えたのは悲しいですが…。あと、エルガの代名詞と言っても過言ではないであろう、二つのライトも消えてしまったのですよね……。
なお、新型エルガは展示の合間、試乗会として会場の外も走りましたが、僕は部品販売の方もあったので、初乗車はおあずけとなりました…。


CIMG2626_convert_20151121204348.jpg
左から順に
A7-213、三菱ローザ あの花ボンネットバス、PA-BE64DG(所属:観光秩父)
A5-57、日デスペースランナーRM あの花ラッピングバスPB-RM360GAN(所属:観光秩父)
6155、いすゞエルガ ヤマノススメラッピング3号車、KL-LV280L1(所属:国際興業バス飯能営業所)

秩父が舞台のアニメ「あの花」ラッピングになった、西武観光バス秩父営業所の2台と、飯能が舞台のアニメ「ヤマノススメ」ラッピングの国際興業バス飯能営業所からやってきた3台
「あの花」ラッピング×2+「ヤマノススメ」ラッピングという、アニメラッピング3並びという、これまた素晴らしい並びにしてくれていました!
画像では分かりにくいですが、1回目の撮影会では、珍表示シリーズとして「急行 龍勢会館」を表示してました。
ちなみに、このイベントや西武•電車フェスタの臨時バス乗り場に出没し、すっかり有名になった、拡声器を持って会場を仕切ってる、あの名物社員さんが今年もいまして、「実際に中型を入れたら怒られますけど、やはり、あの花と言えば龍勢会館なので、こんなの出しました」なんておっしゃってました。あの花を見てる方なら感動した表示なのかもしれませんが、自分があの花を見てないので……。

そして勿論、ラッピングされた車内も見てきました。実際にあの花やヤマノススメのラッピングバスの車内を見るのは初めてでした。
CIMG2630_convert_20151204223750.jpg
こちらはボンネットバスの方。
そして、想像以上に凄かったのが国際興業のヤマノススメ。
CIMG2552_convert_20151204224145.jpg
CIMG2546_convert_20151204224056.jpg
CIMG2548_convert_20151204223953.jpg
天井一面に、座席から広告部分、運賃箱までラッピングされていました。
どうでもいいですが、数年前から国際興業バスの乗務員席後ろに張り出されるようになった、国際興業バスの目標と、営業所毎の目標が書かれたアレを見て思ったのですが、飯能営業所の目標は「私たちは安全に目的地までお連れします」なんですね。(ちなみに、自分の地元の国際興業バス練馬営業所の目標は「お客様の安全確保は私達の職務です」です)


CIMG2616_convert_20151121204712.jpg
保存されてる三角バスと、あの花ラッピングのボンネットバスA7-213。
今だから言えること。この後、あの花ラッピングと社番が1つ違うA7-214が練馬営業所にやってきて、練馬ナンバーに交換されるなんて、この時、この場にいた誰もが夢にも思わなかった……。
それにしても、練馬にボンネットバスって…。同じ時期に、まさかの滝山から練馬にA4-35も転属してきてますし(多摩地区から都区内営業所への転属は珍しいですが、まあ普通の路線車なのでそこまで驚くことではないですかね。あちこちから中型車をかき集めて始めた、立川に新しく出来た、ららぽーとのパークアンドライドに練馬からも行ってるようですが、恐らくそれの穴埋めでしょうか…?)。などと写真を見て思いました。


CIMG2587_convert_20151121203533.jpg
CIMG2586_convert_20151121203442.jpg
路線バス群の展示車両全景。
それにしても、新型エルガ•新型エアロスター(しかもフルカラー)の日本のバスの最先端並びから、かつて活躍した三角バス、アニメラッピングまでと物凄い並びだったなと…。
そして公式側が順光になるようにしてる西武バスさん、ホントさすがです。


CIMG2598_convert_20151204223610.jpg
CIMG2623_convert_20151204223505.jpg
1回目の撮影会、恐らくこの時、日本一熱い並びであったであろう、今回の目玉の新型並びでは珍表示として「直通 伊佐沼花火大会会場」「直通 川越駅東口」など、川越方面の花火大会輸送で使われると思われる表示しました。行先横にも花火の絵があるこだわり。


CIMG2530_convert_20151204222822.jpg
恐らく展示車両の中で最も人気がなかった、西武タクシー。西武鉄道100年アニバーサリーの企画の一環として、西武鉄道の黄色い電車の塗装となった「幸運の黄色いタクシー」と、通常塗装の2台がいました。
前面のステンレスヒゲまで再現されていて、側面はツートンという。



続いて高速•観光•特送群の展示。
熱すぎた路線車並びで、そこまで注目されていなさそうでしたが、こちらも中々でした。
CIMG2601_convert_20151121205047.jpg
46、日野セレガ、QRG-RU1ESBA(所属:小田急シティバス世田谷営業所)
CIMG2602_convert_20151121205525.jpg
わざわざ小田急シティバス世田谷営業所からやって来た小田急の高速車。
撮影会時には「祝 西武バス感謝祭」なんて表示を用意していたようでw。まさかの同業他社の車両で西武バスという単語を見るとは!小田急バスもすごいことしますね~。どうでもいいですが、地味に導入されたばかりのご当地ナンバーである、世田谷ナンバーでした。


CIMG2661_convert_20151121205216.jpg
1563、いすゞガーラ、QRG-RU1ESBJ(所属:練馬)
練馬営業所からは、高速10月に導入された新車のガーラが来てました。入口で配布された資料によると、高岡•氷見線で運用予定だそうです。

CIMG2607_convert_20151121210053.jpg
西武×小田急のJ-BUS高速車並び。


CIMG2609_convert_20151121210343.jpg
1216、いすゞガーラ、QPG-RU1ESBJ改(所属:観光大宮)
唯一の貸切車として、西武観光バス大宮営業所からリフト付きバスも。リフトの実演などもしてました。


CIMG2606_convert_20151121210258.jpg
S-480、日デUA、KL-UA452MAN(所属:企画飯能)
新型エルガ•エアロスターで賑わう中で、ひっそりと富士重車体。元•飯能所属で今は高校の特定輸送で余生を送ってるそうで。資料によると、西武バスグループ全体で富士重も30台ほどにまで減ってしまったようです…。自分が幼い頃は西武に富士重なんて沢山いたのにね…


CIMG2600_convert_20151121210444.jpg
小田急×レジェンドブルー×ライオンズカラー×笹カラーという、こちらも中々充実した並びでした。



その後、抽選で決まった部品販売の順番が回ってきたので部品を漁ったり、各車両の車内見学をしたり、禁断の押し放題のコーナーで降車ボタンを押して遊んだりして、2回目の撮影タイムに。
やはり、日本最先端の2台が注目されてました。
CIMG2653_convert_20151204222206.jpg
最初はエンジェも登場して、のんびりまったりと。
この日のためにわざわざ用意したと思われる「ようこそ 西武バス感謝祭」表示でした。

CIMG2658_convert_20151204222027.jpg
「志木駅南口」行き「新座団地」行きの志31並び。
個人的に、同じ予備校の友達の地元路線ということがあるのですが、それ以外になぜこの系統を選んだのか不思議です。共通定期券取扱車の表示でも出したかったのかな?

CIMG2665_convert_20151204221941.jpg
泉30-1の「大泉学園駅」「新座駅」並び。
系統のチョイスがこれまた、超マニアック!いや、それ以上に何が凄いとって、この表示を出した直後に社員さんが、ちゃんと入口と出口のサボを入れ替えて前乗り仕様にしたことなんですよね(笑)。

CIMG2671_convert_20151204221705.jpg
最後の最後に表示したのは「急行 龍勢会館」「急行 西武秩父駅」並び。
表示された瞬間、会場中から歓声が上がりました(笑)。最高の表示で熱気に包まれつつ、終了時刻を迎えました。「グループ全体で30台ほどになってしまった富士重車体でも見ながらお帰り下さい」などという社員さんの声を聞きながら、会場を後にしました。


最後に手に入れた部品類でも。
CIMG2677_convert_20151204220314.jpg
練馬営業所の方向幕があったので購入。家に帰って見てみると、豊島園だとか光が丘3丁目とか出てきましたよ…。
幕の最後によく分からない6桁の管理番号?と貼られていた納品書的な何か(←これって部品販売用に貼られてたものだと思い込んでたのですが、「富士重工業(株)“様”、西武バス(株)“様”」とか書かれていたので元から幕に貼られてたものだと、家に帰って初めて気付きました。しかも、外側の見える方にちゃんの販売用に「ネリマ」と手書きでありましたから)がありました。それによると、新車の富士重の後方の方向幕のようです。

CIMG2703_convert_20151221003216.jpg
部品という部品は入口のサボと、新潟線の増便についての記述があるバスマスクくらい。(この他にも降車ボタンが大量に売れ残っていたので購入しましたが写し忘れました)
恐らく消費税増税で不要になった210円均一のサボ。上石神井営業所で使われていたものと思われます。だって、ひっくり返したら「行先を告げてから運賃をお支払い下さい」と書かれてましたのでw。

CIMG2705_convert_20151221003239.jpg
大量に出ていたポスター類。
練馬管内の光が丘団地線の路線改編時のものと、エコドライブ推進運動、西武バス感謝祭、1Day Passと電車とバスの乗り継ぎ図などを購入。
CIMG2706_convert_20151221003306.jpg

そして、小平営業所管内路線図。高校時代によく行ってた地の路線図だったので思わず手に取りました。
現在の路線図とデザインが違います。久米川•東大和市辺りにはWikipediaでしか存在を知らなかった系統もチラホラ…。この頃は丁度、立川営業所が小平営業所に吸収されていた頃のようで立川営業所の位置ある停留所名は「立川案内所」となってます。

それにしても前回と同様、展示車両のチョイスもマニアックで、アニメラッピング3並びなど配置も工夫されていて、部品は格安で、仕切ってる社員さんは我々大きいお友達のことをよく分かっていて(苦笑)、マニアには嬉しい演出満載でとても満足しました。強いて意見や要望を言うなら、土曜でなく日曜にやって欲しいくらいしか言うことありません。
車内放送から
プロフィール

各停 練馬←→豊島園

Author:各停 練馬←→豊島園
当ブログへようこそ!西武鉄道が大好きな練馬区民のブログです。西武ばかり扱うのでご了承ください。下手な写真にも目を背けないでください…。
相互リンク募集中です。希望の方はお気軽にコメントでお知らせください。

なお、受験のため、更新頻度が著しく低下しています。しばらくこの状態が続くかと思いますが、ご了承ください。
コメントの返信なども遅れる可能性があります。
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
祝 5社直通運転開始!
本日も西武鉄道をご利用下さいましてありがとうございます。 この電車は 渋谷・横浜方面、東京メトロ副都心線(F)・東急東横線(TY)・みなとみらい線(MM)直通、快速急行 元町・中華街(MM06) ゆきです。小竹向原から先、副都心線内急行、渋谷から先、東横線・みなとみらい線内特急です。小竹向原までの西武線内の止まる駅は ひばりヶ丘・石神井公園・練馬・新桜台・小竹向原です。小竹向原から先の停車駅は 池袋(地下鉄)・新宿三丁目・渋谷・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・菊名・横浜・みなとみらいです。                Raoid Exp. Motomachi-chukagai(MM06)                         次は ひばりヶ丘(ss-13) です。              Next Hibarigaoka(SS―13)                 ひばりヶ丘を出ますと石神井公園に止まります。保谷大泉学園へはお乗り換え下さい。札幌市営地下鉄東西線ひばりが丘駅・阪急宝塚線雲雀丘花屋敷駅はご利用になれません(笑)
西武線内でも東急線内の停車駅を入れたなど現実より丁寧にして、僕が思う理想的な案内の案を作ってみました。最後の方は遊んでいます…。西武・メトロ・東急の各種別を組み合わせた全てのパターンを用意すればできないことないと思うのですが・・・ (12/22 up)
Finetoday
アンケート
アンケートを開始しました。当ブログをご覧の皆様が楽しんで頂けるよう、また個人的な疑問から今後も定期的に西武鉄道に関するアンケートを行っていきたいと思います。ご遠慮なく投票して下さい。記念すべき第1回目は一番好きな車両です。
無料アクセス解析
賛同・参加 しています!

当ブログでは「列車フラッシュ撮影自粛同盟」に賛同しています。管理人は、安全運行の妨げになる列車に向かってのフラッシュ撮影を許可なく行わないことを誓います。また、撮影時は鉄道関係者・乗客・同業者の方々の迷惑になったり、安全・定時運行の妨げにならないよう、マナー遵守を心がけています。 ~みんなでやめよう!みんなで広めよう!列車に向かってフラッシュ撮影!~ 鉄道コム 鉄道コムに参加しています。
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。