国際興業バスまつり 2013

前回の記事の続きです。テスト前で更新できなかった記事を、一気に更新します。
12月1日は国際興業バスさいたま東営業所で開催された国際興業バスまつりに行ってきました。
CIMG0487_convert_20131212150432.jpg
CIMG0471_convert_20131212150542.jpg
CIMG0478_convert_20131212145850.jpg
CIMG0417_convert_20131212144618.jpg
ずらりと並んださいたま市コミュニティバス。練馬区コミュニティバスのみどりバス専用塗装は国際興業の練馬営業所に2台しかいませんが、さいたま東営業所はコミュニティバスも多いようですね。
続いて、展示車両。
今回は、現在の塗装・旧塗装・旧々塗装と三世代の塗装が展示されました。今回、テスト前でも行きたかったお目当ての一つがこの旧塗装でした。地元の練馬営業所では見られませんからね。旧塗装を何台も導入するなら、さいたま東や飯能ばかりでなく各営業所に配置してほしいです…。
CIMG0420_convert_20131212145318.jpg
旧塗装となった8305号車。ようやく見ることが出来ました、懐かしのこの色。この塗装のバスがまだ練馬にもいた頃、僕はまだ幼かったのですが、国際興業バスと言えばこの色だと感じていました。ただ、その頃はまだキュービックだらけの頃、エルガでの塗装は違和感…。あの頃が懐かしいな…。
CIMG0418_convert_20131212144721.jpg
はるばる所属の飯能からやって来た、旧々塗装の9501号車。江ノ電バスから移籍という国際興業バスの中でも珍しい経歴を持つ車両です。
旧塗装になる発表があるまでは、国際興業がかつて、このような塗装だった時代があったとは知りませんでした。今とは全く違う色ですね…。
未来へ歴史を受け継ぐためにも、これからもこのような企画をやってほしいです。
CIMG0421_convert_20131212145345.jpg
そして、お馴染みの現行塗装8309号車。
CIMG0470_convert_20131212153337.jpg
三世代の塗装の並びが見られるとは…。
CIMG0464_convert_20131212145747.jpg
車内ではこんな企画もやっていて、歴史を感じる写真ばかりでした。
そして、毎年恒例の昔の路線図の展示。
CIMG0556_convert_20131212151843.jpg
かなり変化のある練馬区内の路線。上板橋~練馬があり、石02は石神井公園駅は南口発着で当然ながら庁舎経由です。
興味深いのが光が丘地区の路線。大江戸線はすでに開業しているようですが、駅前ロータリーが整備前のようで、光が丘団地折返場が現役です!今まで大江戸線開業と同時に光が丘団地から光が丘駅発着となったと思っていましたが、実際は大江戸線開業後にもしばらく光が丘団地折返場があったとは意外でした。
そして、光が丘2丁目~光が丘団地間も経路が二つあり、練馬区役所発の光03・光03-2・光04(錦団地・田柄5丁目経由でなく平和台郵便局・田柄第三小学校経由)が光が丘駅経由、光01・光02が光が丘7丁目経由だったようです。初めて知ったことばかりでした。大江戸線開通で練馬区内の路線にも色々変化があったようですね。
今でこそ日大練馬光が丘病院(現・練馬光が丘病院)の乗り入れは廃止されましたが、この頃は西武バスと同一経路でなく、まだ光が丘6丁目経由ということにも感動…。
CIMG0416_convert_20131212144510.jpg
会場に来ていたコバトンと飯能市の夢馬(むーま)君。このあと、コバトンと思わぬ所で再開するとは、この時夢にも思わなかった…。
CIMG0474_convert_20131212151424.jpg
試乗会に使用された8306号車。
CIMG0480_convert_20131212151355.jpg
同じく試乗会に使われた9055号車。
CIMG0481_convert_20131212145924.jpg
背後にはエルガたちがずらり。まさに世代交代を思わせられます…。
CIMG0482_convert_20131212150054.jpg
旧塗装の8306と。塗装は9055の方が新しいという…。
CIMG0489_convert_20131212150459.jpg
9055を含め、キュービックが消え行く時代と思いしらされる一枚。
CIMG0488_convert_20131212150132.jpg
バスとの綱引きに使用された6017号車。
CIMG0557_convert_20131212151949.jpg
沿道で8306をもう一枚。

そして、会場をあとにしました。
このあと、別の場所に行きましたが、それについては次の記事で…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

路線バス

本文中にある、練馬駅~上板橋駅はなくなりました。練馬駅(環八経由)赤羽駅になりました。出入庫の関係で、練馬駅~練馬営業所(練馬北町車庫)が少しあります。
僕もかなり前長距離路線バスに乗りました。阿佐ヶ谷駅~青梅駅、大宮駅~所沢駅、高円寺駅~王子駅(環七の渋滞に巻き込まれてしまった!)
また時間を自由に使える時が来たら、長距離路線バスや各駅停車の旅をしたいと思っています。

Re: 路線バス

コメントありがとうございます。
上板01は赤01が出来て、減ってしまいましたよね。
かつては、阿佐ヶ谷駅から青梅まで行く路線バスがあったのですか!結構、時間はかかりそうですが、乗ってみたかったです。自家用車が増え道路状況も昔と変わり、長距離路線バスも時代の流れかだいぶ減ってしまったようですけど、これからも残してほしいです。
のんびり路線バスで旅するのもいいですよね。

路線バス

阿佐ヶ谷駅~青梅駅のバスは、その前は新宿駅西口~青梅駅でした。
まだ残っていると思いますが、飯能駅~青梅駅、飯能駅~川越駅にも乗ってみたいと思っています。

Re: 路線バス

中央線があるのに、新宿駅から青梅まで!
乗ってみたかったです。
最近のバスは儲からないとか言われてますが、長距離であろうと短距離であろうと、バスの旅は魅力ですよね。これからも長距離路線を含め、がんばってもらいたいです。
車内放送から
プロフィール

各停 練馬←→豊島園

Author:各停 練馬←→豊島園
当ブログへようこそ!西武鉄道が大好きな練馬区民のブログです。西武ばかり扱うのでご了承ください。下手な写真にも目を背けないでください…。
相互リンク募集中です。希望の方はお気軽にコメントでお知らせください。

なお、受験のため、更新頻度が著しく低下しています。しばらくこの状態が続くかと思いますが、ご了承ください。
コメントの返信なども遅れる可能性があります。
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
祝 5社直通運転開始!
本日も西武鉄道をご利用下さいましてありがとうございます。 この電車は 渋谷・横浜方面、東京メトロ副都心線(F)・東急東横線(TY)・みなとみらい線(MM)直通、快速急行 元町・中華街(MM06) ゆきです。小竹向原から先、副都心線内急行、渋谷から先、東横線・みなとみらい線内特急です。小竹向原までの西武線内の止まる駅は ひばりヶ丘・石神井公園・練馬・新桜台・小竹向原です。小竹向原から先の停車駅は 池袋(地下鉄)・新宿三丁目・渋谷・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・菊名・横浜・みなとみらいです。                Raoid Exp. Motomachi-chukagai(MM06)                         次は ひばりヶ丘(ss-13) です。              Next Hibarigaoka(SS―13)                 ひばりヶ丘を出ますと石神井公園に止まります。保谷大泉学園へはお乗り換え下さい。札幌市営地下鉄東西線ひばりが丘駅・阪急宝塚線雲雀丘花屋敷駅はご利用になれません(笑)
西武線内でも東急線内の停車駅を入れたなど現実より丁寧にして、僕が思う理想的な案内の案を作ってみました。最後の方は遊んでいます…。西武・メトロ・東急の各種別を組み合わせた全てのパターンを用意すればできないことないと思うのですが・・・ (12/22 up)
Finetoday
アンケート
アンケートを開始しました。当ブログをご覧の皆様が楽しんで頂けるよう、また個人的な疑問から今後も定期的に西武鉄道に関するアンケートを行っていきたいと思います。ご遠慮なく投票して下さい。記念すべき第1回目は一番好きな車両です。
無料アクセス解析
賛同・参加 しています!

当ブログでは「列車フラッシュ撮影自粛同盟」に賛同しています。管理人は、安全運行の妨げになる列車に向かってのフラッシュ撮影を許可なく行わないことを誓います。また、撮影時は鉄道関係者・乗客・同業者の方々の迷惑になったり、安全・定時運行の妨げにならないよう、マナー遵守を心がけています。 ~みんなでやめよう!みんなで広めよう!列車に向かってフラッシュ撮影!~ 鉄道コム 鉄道コムに参加しています。
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる